Caporale & Ochando Fine Violins

ルイス・カポラレとパコ・オチャンドは、ともに音楽と楽器に対し共通の情熱を分かつ旧知の友です。二人の長年にわたる弦楽器の製作と演奏、そして楽器の取引きにおける経験をもとに、二人は“カポラレ&オチャンド・ファインヴァイオリン”を設立しました。良質の弦楽器を提供することだけに止まらず、弾き手の性格や勘所により良く適した楽器をご紹介することをモットーとしています。高い技術を持つ職人の楽器から、ストラディヴァリウスやガルネリに至る世界的芸術家よって作られた名器に至るまで、数多くの弦楽器及び弓を取り扱っております。毎月アメリカ、アジア、ヨーロッパを訪れ、 世界中の楽器商、楽器オーナー、収集家たちとやりとりを重ね、より完成度の高い良質な楽器の情報収集と入手に努めております。オールド&モダン・ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、ヴァイオリン弓をお探しの方はカポラレ&オチャンド弦楽器専門店にお任せください。

Louis Caporale | ルイス・カポラレ

ルイス・カポラレは20年間以上にわたりヴァイオリン製作に従事してきた熟練した職人であり、世界的に活動する楽器商です。弦楽器の鑑定、認証、評価ではその実績が確立されており、彼の過去におけるヨーロッパやアメリカの名だたるヴァイオリン製作者たちとのコネクションと幅広い楽器収集能力により、今やヴァイオリンの指導的専門家として世界的な信頼を得ています。
ヴァイオリン
ヴァイオリン

Paco Ochando | パコ・オチャンド

パコ・オチャンドの弦楽器に対する情熱は並々ならぬものがあり、プロのチェリストであると同時に国際的に活動する楽器のディーラーでもあります。演奏者がディーラーを兼ねるためには、音楽家とは心を通わせ、ディーラーとは情報を通わせなければなりません。これにより演奏者と楽器の相性を見い出すことが初めて可能になります。パコ・オチャンドは演奏者が求める琴線を探り見つけ出す才能に長けており、新作の楽器から偉大なるストラディヴァリウスまでの豊富で幅広い情報を駆使し、音楽家と楽器のマッチングに貢献してきました。

Chikako Kosuge|小菅 睦子

東京都出身。オランダ・ユトレヒト音楽大学院ピアノ科・室内楽科卒。在学中、ジュリアード音楽院、ワルシャワショパンアカデミー、ロンドンロイヤルアカデミー等の教授によるマスタークラスにて演奏。海外、国内にてソロ・室内楽等で演奏活動を行い、20年以上子ども達の音楽教育に携わってきました。